関西ゴルフサークル 『Triumph/トライアンフ』

triumphgc.exblog.jp
ブログトップ

★トライアンフ ローカルルール 【OB及び紛失球の処置】

ショット後、落下地点に行ってみて、その時にOBや紛失球と認識することがあります。
この際、ルール上は、そのショットを打った地点の最も近くに戻り1打付加して、プレーしなければなりません。
しかし、実際には、既に後ろの組が来ていることや時間的な問題から、その地点に戻れないことがほとんどです。

そこで、下記のようにローカルルールを定めたいと思います。
--------------------------------------------------
(1)ティーショット後
ティーショットがOBでかつ暫定球を打っておらず、プレ4のショットエリアがない場合、もしくは、落下地点まで行ったがボールが見つからない場合には、2打付加して、ホールに近づかないスルーザグリーンにボールをプレースしてショットする。但し、その際ティーアップをしても構わない。

 ※落下地点については同伴競技者(一人)の確認をとること。確認者に同意を得られない場合は本人を含めた同伴競技者の協議で落下地点を決める。決まらない場合は多数決で、それでも決まらない場合は、本人を除いた多数決で決定する。

(2)セカンドショット以降(プレ4エリア超えている)
セカンドショット以降(プレ4エリアを超えている)において、落下地点まで行ったがOB、もしくはボールが見つからない場合についても2打付加してホールに近づかないスルーザグリーンにボールをプレースしてショットする。但し、その際ティーアップをしても構わない。

※プレー進行に基本的に問題がない場合は、直前に打った地点に戻っても構わない。問題かないかの判断は本人を含めた同伴競技者の協議で決める。決まらない場合は多数決で、それでも決まらない場合は、本人を除いた多数決で決定する。
--------------------------------------------------

基本的には第3戦より適用します。
ご意見、ご質問等ありましたらどうぞ遠慮なくよろしくお願いします<(_ _)>

written by washan (執行部の代わりに)
[PR]
トラックバックURL : https://triumphgc.exblog.jp/tb/2740668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by triumphgc | 2006-02-24 23:01 | ローカルルール | Trackback

エンジョイ派からアスリート派まで関西を中心に活動するゴルフサークル


by triumphgc