関西ゴルフサークル 『Triumph/トライアンフ』

triumphgc.exblog.jp
ブログトップ

鋳造ヘッドの木型と放電加工用の銅マスター

左が木型、右が木型から作れられた銅マスターです。
d0031691_21232698.jpg

この後、放電加工により、ヘッドの金型が作られ、
その金型にワックスが射出され、ワックスがヘッドの型に成型される。
そのワックスのヘッドにセラミックを吹きつけ、シェルを作製。
このシェルに溶融した金属(チタン材用やステンレスや鉄)を流し込む。

下記写真はブログ「こんなゴルフクラブはあなたをダメにする」(サイエンスゴルフアカデミー社長のひとり言 )より。http://blogs.yahoo.co.jp/golfer_hide
▼鋳造アイアン▼
d0031691_21225671.jpg
【シェル】

d0031691_21115456.jpg
【溶融金属の流し込み作業】



written by 個人的興味でクラブ製造勉強中のWashan
[PR]
トラックバックURL : https://triumphgc.exblog.jp/tb/2787617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ゴルフクラブ・マニア at 2006-03-18 08:09
タイトル : ゴルフクラブが欲しい
中古や最新のゴルフ道具が欲しくなったら皆さんどうしますか?... more
by triumphgc | 2006-03-06 21:29 | ブログ管理人コメント | Trackback(1)

エンジョイ派からアスリート派まで関西を中心に活動するゴルフサークル


by triumphgc